納豆うどん作り 2017年

納豆うどん

納豆は市販されていますが、無農薬大豆を使ってみたかったので自分で納豆を作ることにしました。この納豆がなかなかうまく作れませんでした。

納豆うどん

2年前ペットボトルに熱湯を入れて温めようとしました。6月から1か月ごろまでは失敗なくでき、簡単やなぁと思っていたのですが(笑)・・。それから夏になり失敗だらけ。なんか変なにおいがするのです。温度を40度に保つのが難しく、そこでヨーグルトメーカーでしょうと決めました。

ヨーグルトメーカーで納豆づくり

このヨーグルトメーカーも、最初はうまくいくのですが、その後は全くダメ。失敗する気がするので少量で試し、いつの間にか1年が過ぎてしまいました。約80gの大豆でしていたのですが、250gにしてみようとすると、うまくいきました。うーん、量かなぁと・・・。なにがよかったのかわかりませんでしたが250gで作ると成功が続き、納豆うどんをメニューに入れました。

しかし、時々それでも失敗するので店で出せないときもありました。2017年秋ごろからスムーズに成功し、コツがつかめたような。温度と湿度の関係を考えることだと思いました。

大豆を茹でるのに2時間半はかかり、親指と小指でつまみつぶれるぐらいの柔らかさにします。ガス代は一体いくらかかってるんやろと(笑)・・・。思い切って安い圧力釜を買いました。来年は、これでつくろうと楽しみにしています。

納豆うどんは汁があると納豆の粘りが消えるので、醤油うどんにしています。うどんがなっとうに絡むと、喉越し良く、うどんが美味しく思えます。