滋賀 煎りうどん【うどんの花里】

滋賀県に煎りうどんが(笑)!

滋賀県の高島市にうどんの花里があります。滋賀県は湖北、湖南、湖東、湖西と分けられ湖西に位置します。自然があり、水もきれいです。うどんの花里は地下21mから地下水を汲んで使用しています。この水は夏でも冷たくうどんを〆るのに適しています。

小麦粉を煎ってうどんに!

小麦粉は煎ると香ばしさが出てきます。また色が茶色になります。カレー粉などは煎ることで美味しくなり、クッキーなどは小麦粉を炒ることでパサパサな感じになると言われます。グルテンが壊れるのでしょうか。

うどんの花里は小麦粉を煎ることで香り、もちもち感が出たと思っています。繰り返し作っているとわかるのは、のど越しが良くないことに気が付きました。いい面があれば悪い面もあります。

のど越しを何とか良くなるようにと取り組み、少しずつツルツルなうどんになりました。

煎りうどんの作り方

小麦粉を煎り、水回し、足踏みへ。

寝かせた生地を麺棒でのして、包丁で切る。