日別アーカイブ: 2018年9月6日

ヨーグルトメーカーでの納豆の作り方2018

納豆を自分で作る難しさ

ある程度、ネットで調べれば作り方はわかりますが、それが正しいかどうかはわかりません。いろいろ試行錯誤をしながら作っていくと、わかってきます。

藁から作るというのは難しいと思い、ペットボトルで温めたり、湯たんぽを使ってみましたが、うまくいくときといかないときがあり、うまくできない納豆を食べるのはちょっと食べにくい。ペットボトルや湯たんぽは40度に保つのが難しい。

そこで簡単なヨーグルトメーカで作るようになりました。

ヨーグルトメーカーで作っていると

失敗をすると食べられないので、少なく100g以下で作っていました。それではなかなかできなかったので、説明通りの大豆の分量で作るとできました。

しかし、底のほうは煮豆のようでした。あまり重ねるとできないそうで、それでだめなのかなとあきらめていました。

考えたのは煮豆のようになってしまう分量を減らして作ると、ある程度ましになりました。上のほうはできているので混ぜれば食べやすくなります。まあ、こんなもんだろうとあきらめていました。

最近わかった納豆づくり

ヨーグルトメーカーで作ると、底の方が煮豆のようになっていたのがどうしてなのか、わかってきたような気がします。

納豆を軟らかく煮て、水気を取って作るのですが、それでも水分が残っています。この水分が24時間40℃に保っていると、そこのほうに水分がたまっていくからではと考えました。

この煮た大豆を焦げそうになるぐらいまで火を点けて水分がなくならせます。それから納豆菌を混ぜてみました。

納豆

すると、うまく底の方まで納豆になり、煮豆の状態には、なりませんでした。今まで5回やり、一応うまくできています。また、これからもっと、うまくできる方法があるかもわかりません。

納豆うどん