月別アーカイブ: 2017年6月

ツバメの巣作りから巣立ちまで2017年

ツバメが以前からある巣を補修

4月29日ツバメが、やってきて前からある巣を補修しているようです。上部だけが新しい土を盛って巣を補修している感じです。

ツバメ巣作り

完成したら、しばらく来なかったのは土が乾くまで待っていたのか?

5月になり、巣に行き来しているツバメがいて、なんとなく卵を産んでいるような?

夜には巣に来ている感じ。巣の中は一切見ていないので想像だけです。

カラス対策に紐を!

カラスが羽を伸ばして飛んでこられないように紐を結びました。案外、これが効き目ありました(笑)。

ツバメの卵が落ちていた

卵を産んで孵ったのか?ツバメの卵の殻が落ちていました。巣の中を見ればわかるのですが、一切巣の中は見ていません。

ツバメの卵の殻

ツバメのヒナが

ツバメの雛

5月30日に巣を見るとツバメのヒナが顔を出していました。

ツバメの糞対策

ツバメのヒナが成長するにつれて糞が半端じゃない(笑)。下に新聞紙を敷いて糞を受けました。豆に新聞紙を変えないとアリやハエが集まってきます。

ツバメの糞

教えられることもなく、ヒナも上手に後ろを向いて糞を落とします。

大きくなるツバメの雛

6月8日

餌はトンボが多かったです。

ツバメの親は頻繁に餌を与えに来ていました。カラスが来ていると親ツバメはスピードを出して飛び、追っ払っていました。

そろそろ巣立ち

6月12日

巣の中のヒナが少ない!と思ったら・・。4羽ぐらい旋回して飛んでいるツバメ。ちょっとぎこちない飛び方。道路の真ん中に止まるツバメや瓦屋根に止まっているツバメ。

巣立ちかと思いました。ちょっと小さい2羽だけが飛び立てなかったような。

夜には帰っているツバメの雛

驚いたのは巣だったヒナが夜には帰ってきていました。

もう空き家になりました

6月13日。お昼は、みんな巣立っていきました。

その夜は帰ってきたみたいです。

そして、6月14日の朝からは巣には戻りませんでした。どれだけ元気で、来年も日本へ戻ってこれるだろうか。戻ってきてほしいものです。

滋賀 うどん【うどんの花里】ー小麦粉を煎ったうどん

滋賀 うどん

滋賀県でうどん店を開いていますが、やはり、水がきれいからでしょう。

比良山系から伏流水が流れ、うどんの花里は21m掘って地下水をくみ上げています。

うどんの花里は高島市の新旭深溝にあり、針江の隣の町です。

針江は湧き水を利用した川端(かばた)で有名です。田畑にも綺麗な水が流れ農作物も美味しいです。

この水を使ってうどんを作っています。

独特なうどんの作り方

小麦粉は国産小麦をブレンドして作ります。

石臼挽きさぬきの夢を煎って使用します。

小麦粉を煎る

小麦粉を煎ると、もともとある水分が飛んでしまいます。

そこで水回しの加水率を多くします。

水回し

足踏みをして寝かし、包丁切りをします。

包丁切り

小麦粉を煎ってからうどんにしていますが粒が粗いのか、なかなかツルツル感が出なく、麺棒でのしと気に工夫を凝らしています。