食について」カテゴリーアーカイブ

うどんの打ち粉について

うどん作りに使う打ち粉

うどんやそばを作るとき打ち粉を使います。のし台、麺棒、まな板にくっつかないように打ち粉を振るいます。

のし台に打ち粉を振るい、生地を上にのせてのし台と麺棒がくっつかないようにして麺棒で転がしたり巻き付けて伸ばしていきます。もう一つ、手と麺棒の滑りがよくなります。のしている間に何回か振るい、のし終わると生地に打ち粉を振るって折りたたみます。そして、まな板の上にも打ち粉を振るって、折りたたんだ生地を切っていきます。この生地の上にも打ち粉を振っておきます。案、外打ち粉は使うものです。

この打ち粉は茹で釜で茹でたり、麺を水洗いしたときに落ちますが、片栗粉を使用したとき落ちないでいることもありました。打ち粉はどれがいいのでしょうか。

打ち粉にコーンスターチを使う?

アメリカなどで栽培けされているトウモロコシは遺伝子組み換えが多いので、コンスターチも遺伝子組み換えが多いかもわかりません。加工食品の原材料の5%以内であれば表記なしでも構わないそうです。

打ち粉として使うのはやりやすいです。茹でても茹で湯はトロッとならないので助かります。ただ上記に示した遺伝子組み換えというところがどうかなというところです。

加工でんぷんを打ち粉に使う?

加工でんぷんって何だろうという感じですが食品添加物です。2008年10月1日に食品衛生法が一部改正され、加工でんぷんの11品目は添加物として取り扱われました。

値段的には安く、茹で湯も濁らず使いやすいのですがどうかなというところです。

結局打ち粉は?

コーンスターチは遺伝子組み換えの問題、加工でんぷんは添加物。そしたら何が・・・。片栗粉は茹でると、もうトロッとなってしまい、打ち粉としては適しませんが、まだいいのでは・・・。うどんと同じ小麦粉を打ち粉に使うのも方法です。短時間ならいいのですが、切った麺を長く置いておくと、面同士がくっついてしまうという欠点があります。そば粉はアレルギーが問題としてあります。私は米粉を使用しています。米粉は値段が高いですが、のし台、麺棒などに生地がくっつきにくいです。ただ粒が粗いかなと手触りで私は感じます。

食育以前


食育以前の問題がある

私たちは食べ物がないと生きれない。お金と交換して食べ物を得るという手段や、狩猟、農業などで自ら食べ物を確保する。天気が不順で食べ物の収穫が少なくなったら、魚も捕るだけ捕って魚が少なくなったりすれば食べられない。また働くことができなかったらお金と交換できない。

ごはんを一粒残さずに食べる人がいれば、平気で残してごみ箱へ捨てる。嫌いなものは食べずに好きなものだけ食べる。日本は裕福なのでしょうか。

世界は広い。この世界の中で食べられない人がいるって本当なのと、私たちは疑うでしょう。でも食べられず栄養失調の人がいるのです。それがなんと世界で9人に一人いるというらしいです。食育以前の問題があるということを私は考えて食を見直していきたいと思います。

気候による問題

2016年は台風が多く、野菜の収穫が少なくなり、野菜の高騰がありました。気候に左右される野菜や魚です。私たちは自然に従い生きていくのです。2011年は福島の原発問題もありました。農地、海、池や川にも放射能で汚染されてしまったのです。福島の原発問題は、いつ頃解決するのでしょうか。私たちにもわからないし、専門家にもわからないのではないでしょうか。

難民問題

難民問題も難しく、イギリスもアメリカも難民を受け入れない傾向が強くなってきているようです。生きていくために働かなくては食べて生きていけません。不衛生だと病気なり、健康でないと働けません。いろいろなことが重なり合って悪循環になっています。

日本はコンビニがあり、スーパーがあります。思えば便利になりました。でも商品がどういうものでできているのか表示を見れが添加物交じりです。添加物がないというものを探すのが難しいぐらいです。安心・安全と言って基準を設けて、これぐらいなら大丈夫だというものです。検査も一つの添加物を調べ、複合の検査はしていないのです。

食育といっていますが食育以前の問題があるということは忘れてなならないことだと思います。橋やスプーンの持ち方、行儀作法など以前の問題が世界にはあり、日本にも言えるだと私は感じます。