名水へ


福井 雲城水

「大手通りを行くと左手に小浜郵便局が」

「郵便局で美味しい水が」

「あほっ! 何で郵便局に美味しい水が」

「あったら 郵便で配達してくれるんでは」

「・・・・お前やね」

郵便局


「地図で行くとこの辺や」
「あれ 車が止まってる」
「水をくんどるぞ」
「ここですか」
「ここはよく通るところやのになぁ」
「郵便局も3回ぐらい入ったことおまっせ」
「そんでなんでわからんかったんや」
「そんな水の綺麗なところがあるのん知らんもん」
「意識しとかな わからんというところやな」

雲城水の説明

 

雲城水

 

湧水


「ちょっと飲んでみます」
「どうや」
「うん旨い」
「どれどれ おーっ冷たい」
「ここはただですね」
「あふれるぐらいでてるな」

雲城水の湧水


「おばあちゃあん 写真撮らしてもうてもええ」
「どうぞどうぞ」
「ありがとうございます」
「近くに もう一つあるよ」
「えっ どこです」
「ほら近くに」
「おっ二つ目発見」

(津島の水)