名水へ


福井 津島名水

福井県は小浜の市街にある名水を訪ねてみました
雲城水に足を向け 次に津島の名水に今回スポットをあててみます
「小浜郵便局が目印ですな」
「その隣に雲城水があるとは・・・」
「津島の名水はここから左の方行へ港に沿って歩いていったらあるんですな」
「おおっ あった」

津島名水


「水質基準に満たしているということか 基準はクリヤーということ」
「中に水質検査の結果の表が貼ってある」

湧水


「飲んでみんことには」
「おっ冷たいぞ」
「へー 冷たさがちょっとしたポイントかも」
「海のそばでも 綺麗な水が流れてるんや」
「水の道があるんでっしゃろな」

湧水


「水が ようでとるな」
「旨い水やった」
「腹がみずっぱらになりそう」
「ええやん食事代浮くぞ」
「そんなら もっと飲も」
「何これ」

コップ


「コップと それに石鹸」
「飲んだら洗えということ」
「ちゃんと飲んでもらおうと用意してくれているんでは」
「誰かの忘れ物ちゃうか」
「まさか それはおまへんわ」
「いやー おもろい 水めぐりは なかなか楽しいで」
「金かからん 食費が浮く」
「水ばっかりでもあかんぞ」
「でも水は大切ですな パンフでは」
「えっパンツ」
「またや パンフレットでは まだまだあるようで」
「まだあるんか」