本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.050-3610-4179

〒520-1503 滋賀県高島市新旭町深溝1435

うどん屋。うどんの花里
うどん


うどんの花里は、滋賀県高島市新旭町の讃岐うどん店です。石臼挽きさぬきの夢小麦粉を炒ることによって風味、香ばしさを感じるうどんを提供しています。

手打ちうどん店のお話【うどんの花里】滋賀

うどんの花里は小麦粉を煎ってうどんを作っています。滋賀県の高島市へお越しの際は是非どうぞ!



うどん屋という落語

うどん屋という落語があります。酔っ払いがうどん屋でうどんを注文し、唐辛子をいっぱい入れて唐辛子をお代わりするというお話ですが、以下のYouTubeにおける小噺はうどん屋をモデルにした小噺です。

うどん屋

 うどんには七味がつきもので・・・。



うどん屋の割り箸


「うどん屋の割り箸はタダやろ」
「元かかってまんがな」


うどん公社


ぜんざい公社という落語があります。この落語の二番煎じです。ぜんざいを落語にしたものです。いろんな県庁の中でうどんが食べれるところもあります。落語の世界でもないような気もします。ただ、書類を作成のような公的機関の固さというような物はないと思いますが(笑)。そこは落語の世界でしょうね。



ちょっとしたことさー讃岐うどん


讃岐ぬきぬきうどんですと店主が言うとお客さんも讃岐ぬきぬきうどんですと踊り出します。入ってきた郵便屋さんも讃岐ぬきぬきうどんです。と踊りだし、だんだんと町中に踊りが広がります。最後の落ちは・・・でした(笑)。


百八つ

年越しそば、年明けうどんという言葉がありますが、年が終わろうとすると今年はどうだったかなと思ってみたり、新しい来年を考えたりします。
除夜の鐘が鳴り響く情景は何とも言えないものです。



寿限無うどん


うどんが好きという子どもも多く、子どもの名前が長いと大変ですね。名前を呼んでいる間にうどんが伸びたちして・・。



利き酒大会ーうどん店で利き酒大会をしたなら


うどん屋で利き酒大会をするという設定で、審査員がお酒を飲み、最後のほうは酔っぱらって寝てしまうというお話です。


宇宙人がやってきた。うどん屋の前に立っていた。



時々道を尋ねられることがありますが、宇宙人はまだうどん屋に来られていません。




ヘッドライトの消し忘れ



ヘッドライトの消し忘れをすると音が鳴るのですが・・。




雪かき うどんの花里は駐車場は3台しか置けません。

うどんの花里は駐車場が3台しかありません。それでも満車になることは一年に何回あるか(笑)。ほとんど止まっていません(泣)。


物忘れ

歳行きますと食べたことを忘れるという・・。昨日食べたものを忘れるなんて当たり前のような(笑)・・。めちゃくちゃ、うどんに唐辛子を山盛り入れて食べたら忘れないかも。




讃岐うどん店【うどんの花里】  石臼挽き小麦粉を炒って国産小麦粉とブレンド  包丁切り手打ちうどん

      滋賀 讃岐うどん                                



湧き水

食育

乳児発達

幼児発達

滋賀観光

ブログ

店舗情報




shop info.店舗情報

うどんの花里

〒520-1503
滋賀県高島市新旭町深溝1435
TEL.050-3610-4179
FAX.050-3610-4179