本文へスキップ

うどんの花里は、滋賀県高島市新旭町の讃岐うどん店です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.050-3610-4179

〒520-1503 滋賀県高島市新旭町深溝1435

石臼挽き小麦粉を炒った独自の味。うどんの花里
うどん



生物進化の発展をとらえての保育


保育は楽しい

 保育は楽しいはずなのに保育士は悩まれることがあります。子どもを自然の中で関わり、育てる価値のある労働であるにがゆえに多くの考え、やり方が溢れています。保育の技術・技能に悩まれ、人間関係のなかで難しさを覚えることもあるでしょう。子どもの発達を考えれば楽しいはずなのに・・・。

子どもの発達に寄り添った保育

 保育という仕事とは何か。子どもとのかかわりにおいて悩み、デイリーに追われたり、保育園組織の中で悩んだりします。生物進化発展の法則にしたがえば見えてくるはずなのに子どもに寄り添うことを忘れてしまうことがあります。

サルからヒトへの移行段階と乳幼児の発達

 乳幼児自ら発現する力があります。日々の生活の中で自然に模倣する力を大切にします。場は雰囲気を醸し出し、食事に対しての場ではスプーンを用いて食べたり、行儀よく食べたり、いろんな言葉や手を添えて食べさせたりと雰囲気を感じます。大切なのは道具を使うことでなく手で触れて感じたり、臭いを感じたり、自然に対して試みようとする力です。
 やがて、道具というものに興味を覚えてきます。道具を道具として使う時期はいつごろかということを考えればわかるはずです。出来ないのにやらせるのはよくありません。発達には筋道がありますが先取りして、次の課題へ取り組まそうとするのはよくないと私は思います。今にもできそうな課題が重要で明日にでもできるような人と場を設けることだと感じます。

「子どもの持つ力を信じて」ということ

 2009年5月に「子どもの持つ力を信じて」という書物を清風堂書店から発行しました。第1章は保育は楽しい。2章は子どもの発達に寄り添った保育。3章にサルからヒトへの移行段階と乳幼児の発達という三つに分けて記述しています。

「子どもの持つ力を信じて」国立図書館(←クリック)

購入については(←クリック)


讃岐うどん店【うどんの花里】  石臼挽き小麦粉を炒って国産小麦粉とブレンド  包丁切り手打ちうどん

      滋賀 讃岐うどん                                



湧き水

食育

乳児発達

幼児発達

滋賀観光

ブログ

店舗情報




shop info.店舗情報

うどんの花里

〒520-1503
滋賀県高島市新旭町深溝1435
TEL.050-3610-4179
FAX.050-3610-4179