本文へスキップ

滋賀県高島市は比良山系から流れ出る水が豊富でグルメに適しています。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.050-3610-4179

〒520-1503 滋賀県高島市新旭町深溝1435

石臼挽き小麦粉を炒った独自の味。うどんの花里
うどん


うどんの花里は、滋賀県高島市新旭町の讃岐うどん店です。石臼挽きさぬきの夢小麦粉を炒ることによって風味、香ばしさを感じるうどんを提供しています。

滋賀県特産物


水産物

 琵琶湖からとれたアユ、ホンモロコ、ワカサギ、セタシジミ等の佃煮や、氷魚などがあります。

農産物
 
ひの菜、万木カブラ、朝宮茶、 近江米。

畜産物
 近江牛。

郷土料理
 鯖寿司、鮒寿司、のっぺいうどん。

ぐるっと滋賀グルメ

滋賀県をぐるっとまわればグルメにあたる!
マキノ・今津:栗。柿。しいたけ。 長浜:鴨。
朽木:しいたけ。朽木新本陣の日曜朝市。くるみ。鮎。 近江八幡:こんにゃく。
高島市:アドベリー。酒。万木かぶら。氷魚。鮎。 大中:スイカ。近江牛。
坂本:湯葉。 日野市:日野野菜。
大津市:瀬田シジミ。 守山:守山メロン。
県内:鮒寿司。近江米。 朝宮:茶


滋賀県のうどん店軒数


うどん店の軒数
 2010年のタウンページに記載されているうどん店軒数からみれば滋賀県は全国で45位158軒、香川県が1位で657件です。ラーメン、蕎麦では山形県が1位で全国的にみても多いのがわかります。滋賀県はラーメン店が多いと思ったのですが全国的に見れば、それほどでもない感じです。
 うどんの花里は滋賀県の湖西にあたり、自然が豊富なところです。お酒、野菜、米は、水がいいので美味しいです。食材は美味しくて豊富です。



滋賀はラーメン、大阪はうどん、福井は蕎麦、京都は何でも来いか。

麺類といえばそば、うどん、ラーメン。
これを南の大阪、京都、滋賀、北の福井で見てみますと・・・。
簡単に食べログで2月28日検索して件数を調べました。
もちろん、大阪が人口が多いので件数はトップなのですが・・。
    
蕎麦は大阪1443、京都609、滋賀187、福井373件です。
ラーメンは大阪2199、京都728、滋賀340、福井219件です。
うどんは大阪2273、京都728、滋賀251、福井217件です。

単純にみても福井はラーメン・うどんより蕎麦店が多いというのがわかります。
蕎麦を収穫しているからでしょう。寒いからラーメン店が多いかなと思ったりしたのですが・・・。
ラーメンとうどんをみると、京都が同じ728店ということで南へ行くほどうどん店が多くなっています。
滋賀県はラーメン店が、そば・うどん店より多くなっています。
大阪はうどんが、蕎麦・ラーメン店より多くなっています。
京都はラーメン・うどん店が同数、蕎麦が少し少なくなっています。なんでも来いということか。
人口と店舗数の比率は考えていませんので何とも言えません。



美味しい麺

食事の大切さ

健康志向の食事
 今は無添加の品物を探すことの難しさ。日持ちさせるために、色落ちしないために、安価な商品づくりのために、いろいろな添加物が入っています。

 また技術の進歩で、小麦粉は、より白く。砂糖も、より白くと技術のお陰で精錬され、ミネラル、栄養分は削り取られてしまいます。添加物も、これぐらいなら影響がないという範囲でされているのですが、それらの検査は単品でされ、複合のことは考えられていません。

 弁当など添加物の入っているほうが腐らなくて身体にいいという考えもありますが、これらは食する人たちの判断です。育ち盛りの子どもたちがスナック菓子を食するのも仕方がないでしょう。ただ、砂糖を食べ過ぎるとよくないのではないでしょうか。肥満になったり多動的であったり、子育て、教育に目を向けて、健康志向のグルメを考えて見たいと思います。



 食育基本法とは、たんなる料理の教育でなく、生きるために必要な基本的なもので食に対しての心構えや伝統的な食文化、食べ物と身体の関係から、どのように食べ物が作られ、食品によって子どもたちの心身が培われるかというものだと思います。

 子どもたちが健やかに健康であって、生き生きと生活を過ごせるように食を考え、食育基本法は食の大切さを感じ、知育、徳育や体育の基礎となるものと位置づけています。

 社会環境の中で、目まぐるしい生活、忙しい生活の中で私たちは自然から遠ざかった食生活を強いられ、不規則な生活、偏食、砂糖漬け、濃い味を好み、先人から受け継がれてきた食文化に変化がもたらしているのではないでしょうか。

 魚は一匹でなく切り身で商品として並び、あるいはレトルト食品のように、ただ温めれば出来上がるような料理になってきているのではないでしょうか。



 薄味が大切で、自然素材の味を感じることが幼児期には大切なのではないでしょうか。うどんも家庭で作られて、子どもと作る工程を楽しみながら食を考えるということも大事だと思っています。うどん屋となれば、どうしても一般にあわせて薄味で提供するというのは難しくなります(笑)。是非、家庭で薄味、自然の食材の味というものにふれるような食事をどうぞ。


料理のお手伝いが大切!

人間は労働するこより、より人間らしくなりました。
 お母さんと一緒にお料理を作りたい。お手伝いをしたいと子どもが思うとき、大切な時期だといえます。大人からすれば、やめて邪魔だとか、あんたができるわけないとか、危ない危険だからと止めてしまっていませんか。大事なことは子どもの主体性です。子どもがしたいという自らが発する力を伸ばしてあげたいですね。

 落としても大丈夫なものをテーブルまでお願いというと大好きなお母さんと一緒に食事の手伝いができたと大満足になります。包丁は5,6歳ぐらいから使用できるようになります。道具は歩き始めたころからスプーンやお椀を使い、道具の用途がわかってきます。難しいことではなく、子どものやりたい力を、どうくみ出させてあげるかでしょうね。


安心・安全なグルメ




淡海子育て応援団滋賀県子ども条例」から、子どもの人権尊重、健やかに子どもを安心して育てることのできる環境づくりを推進するための「淡海子育て応援団」に加盟しています。

うどんの花里は食育を大切にし、無添加・無着色の安心・安全な店を目指します。




食事



高島市 うどんの花里店内


遊び場

ご家族連れでどうぞ。何もありませんが、
少し遊び場をご用意いたしております。


座敷
座敷は2テーブル(座席8名)
お子様とご一緒にどうぞ!


木のおもちゃ

ままごと道具

おもちゃ
元保育士でしたので、独楽回しが得意です。また火起こしもします。


讃岐うどん店【うどんの花里】  石臼挽き小麦粉を炒って国産小麦粉とブレンド  包丁切り手打ちうどん

      滋賀 讃岐うどん                                



湧き水

食育

乳児発達

幼児発達

滋賀観光

ブログ

店舗情報




shop info.店舗情報

うどんの花里

〒520-1503
滋賀県高島市新旭町深溝1435
TEL.050-3610-4179
FAX.050-3610-4179