本文へスキップ

滋賀県の比良山系から安曇川に流れる伏流水使用の讃岐うどん店。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.050-3610-4179

〒520-1503 滋賀県高島市新旭町深溝1435

石臼挽き小麦粉を炒った独自の味。うどんの花里
うどん


うどんの花里は、滋賀県高島市新旭町の讃岐うどん店です。石臼挽きさぬきの夢小麦粉を炒ることによって風味、香ばしさを感じるうどんを提供しています。

滋賀県を流れる伏流水を利用した讃岐うどん作り

 伊吹山、鈴鹿山系、そして、湖西側の比良山系に降り注いだ雨や雪が伏流水となり、それぞれの地域で生活に欠かせない水となっています。
湧き水参照

比良山系から安曇川、針江、琵琶湖へと流れる伏流水

 比良山系から流れる伏流水は安曇川から琵琶湖へと注いでいます。針江では湧き水として町を流れ、きれいな水にしか生息しない梅花藻の花が咲いています。人の生活用水として昔から使用されてきました。

田畑、魚、酒、うどんにも欠かせない水

 地下水や湧き水は野菜にも田圃にも大切なものです。日本一のびわ湖にも流れ、魚たちにとってもきれいな水は欠かせないものです。酒を造ったり、うどん作りにとっても欠かせません。

うどんの花里は地下水を使ってうどん作りをしています

 うどんの花里は地下21m掘って、ポンプで地下水をくみ上げてうどん作りに利用しています。出汁をとるのに最適で軟水であるがゆえに和食にとって、とてもいい水と言えます。うどん作りでは塩水を作るのに、この地下水で塩を溶かしています。また、うどんを〆る時には欠かせない地下水でもあります。夏でも氷氷で〆なくても、冷たい地下水で〆ています。




讃岐うどん店【うどんの花里】  石臼挽き小麦粉を炒って国産小麦粉とブレンド  包丁切り手打ちうどん

      滋賀 讃岐うどん                                



湧き水

食育

乳児発達

幼児発達

滋賀観光

ブログ

店舗情報




shop info.店舗情報

うどんの花里

〒520-1503
滋賀県高島市新旭町深溝1435
TEL.050-3610-4179
FAX.050-3610-4179